レアなレコードやCDを個人輸入するなら海外の転送会社を利用すると格安で輸入出来る

レアなレコードやCDを個人輸入するなら海外の転送会社を利用すると格安で輸入出来る

アメリカやヨーロッパからレアなレコードやCDを個人輸入する際に転送会社を使うべき理由



このサイトのコンテンツ隅々までご覧頂いた方はご存知だと思いますが、実は私は以前、アメリカやヨーロッパ諸国等から、珍しいレコードやCD、海外のアーティストの音源を輸入するビジネスを行っていました。

そんな事もあり、かれこれ数十年前から世界中の様々な国のレコードショップ、バイヤーからレコードを買い付けては日本へ送っていました。日本では手に入れる事が難しいようなレコードやCD、音源を直接現地のショップから買い付けしていたので、ネットも存分につかっていました。

当時のレコードショップの多くはネットショッピングサイトは殆どありませんでしたが、買い付け先で仲良くなったスタッフにお店の在庫が一目で分かるようにデーターにして一覧で送ってもらっていたので、私が探しているレコードや、お客さんが血眼になって探しているレアなレコードも運よく手に入れる事が出来ていました。


レアなレコードやCDを個人輸入するなら海外の転送会社を利用するとお得!
レアなレコードやCDを個人輸入するなら海外の転送会社を利用するとお得!


こちらの記事もお勧めです:




海外からレコードやCDを個人輸入する時によく起きるトラブル



しかし、レコードショップという特性なのか、中には商品の状態がとても悪く針飛びしてしまうようなレコードや、記載されるいるコンディションとは全く違うコンディションのレコード、CDもあったりしました。

さすがに注文した商品が実際に届いた商品と違ったというような大きな間違えはありませんでしたが・・。商品のコンディションについては、レコードに限らず、中古の物を海外から仕入れる際には状態確認は非常に重要な作業です。

何故なら、海外の人が認めるコンディションのレベルと、日本人の認めるコンディションのレベルには体感的にかなりの違いがあります。日本人の感覚的にこれは状態が悪いと思っても海外の人から見ると「まぁまぁな状態」といった差が出てくる場合もあります。

特にレコードショップの場合、ジャンルにもよりますが、若者がショップスタッフの場合が多いので、商品管理が雑なお店もあります。勿論、これはレコードショップのジャンルやレコードの価格、レア度にもよります。

コレクター向けのジャンルに強いショップであれば、商品の取り扱いも丁寧で、コンディションも記載どおりの場合が多いですが「出来るだけ安く珍しい商品を買いたい!」という事であれば、コンディションの確認は必須です。


しかし、お店で「安い商品」として扱われているレコードは、残念ながら扱いもある程度はいい加減になります。傷だらけで針飛びしてしまうよなレコードを海外向けに売る事は少ないと思いますが、バイヤーとしては出来るだけコンディションの良い物を安めに手に入れたいですね。

また、イーベイでせっかく安くお目当てのレコードやCD、アーティストグッツを手に入れても、レコードを販売している個人のセラーなどは、意外にいい加減な梱包をしてくる人もいます。

私の場合、せっかく買ったレコードが裸の状態でダンボールに入れられていた何て事もありました(笑)。特にイーベイの個人セラーから買う際にはコンディションの確認は必須ですね。




海外からレコードやCDを買い付けする際に利用するべき転送サービス



以上のようなトラブルを未然に防ぐ為に役に立つのが「海外転送会社のサービス」です。海外転送業者のサービスの中には「買い付けした商品の状態確認」、「商品の写真撮影」というサービスがあります。

これを利用すれば、商品を輸入する前に詳細なコンディションを確認する事が出来ます。酷い商品状態であれば、ここから返品する事も可能なので、無駄な送料のコストを省く事が出来ます。

また、海外のお店は日本のお店よりも返品に関して寛大です。殆どの場合、客からのクレームがあれば余程の理由がない限り返品は可能です。

そして、アメリカ国内、ヨーロッパ国内の様々ショップから買った商品を、一度、転送会社の倉庫に商品を置いておき、全ての商品が揃った後にまとめてから、日本に発送するという「まとめサービス(再梱包サービス)」も利用する事が出来ます。

特に「大量の商品を色々な場所やショップから買ってまとめて日本へ送りたい!」というような方は、海外転送サービスが強い見方になります。

ヨーロッパでレコードやCD、アーティストグッツを買って個人輸入したいと思っている方はこちらの「forward2me」という転送会社のサービスがお勧めです。ヨーロッパの各国で購入した商品を日本向けに簡単、格安で発送してもらえます。

また、アメリカででレコードやCD、アーティストグッツを買って個人輸入したいと思っている方はこちらの「OPAS」という転送会社のサービスがお勧めです。

この会社は日本語で利用出来るので、英語が苦手な方でも簡単に個人輸入する事が出来ます。日本人のスタッフも現地に在住していますので、サポートもバッチリです。



>> 管理人イチオシの優良転送サービスTOP3



Share this post