申し込み方・使い方

forward2meの使い方:実際に使ってみた際の感想

forward2meの使い方:実際に使ってみた際の感想

イギリスの転送会社 forward2me の使い方


masashi
masashi
皆さんこんにちは。今回の記事では、イギリスのネットショッピング、EU(ヨーロッパ)国内でネットショッピングする際に必須ともいうべき便利な転送サイト「forward2meの使い方」、そして「forward2meを使ってみた感想」をを紹介してみたいと思います。


forward2me(フォワードトゥーミー)を使ってイギリスやヨーロッパ各国のネットショッピングをしてみたいけど「英語に自身がないから使い方が分からない」という方は多いのではないかと思います。

特に海外のネットショッピングサイトを使って個人輸入する際には、発送用のインボイス(荷物な内容や商品価格などを記載する書類)を作ったり慣れなければ少々面倒な事もあります。

しかし、一度やり方を覚えてしまえば、とても簡単に個人輸入する事が出来ますので、今回の記事では私が実際にforward2meを使った時の画面を見せながら使い方を紹介してみたいと思います。


ネットショッピングした後にforward2meで行う事


forward2meのログイン画面

まずは、「会員登録を済ませた」、「買い物をして荷物がforward2meの倉庫に到着している」という前提でお話させて頂きますので、まだ会員登録を済ませていない方、買い物を済ませていない方は以下のページを参考に「forward2me 公式サイト」に行って登録を済ませてforward2meのイギリス国内の住所をもらって、ネットショッピングをしてみましょう。




最初は、forward2me 公式サイトのログインページに行って、買い物をしたものが届いているのかを確認してみましょう。

実際にログインすると、このメインページが表示されます。ここでは、現在自分宛てにどんな荷物が到着しているのかを確認できます。

forward2meのログイン後のメインページ

この画面の「Sender」という部分をご覧いただくとお分かりだと思いますが、今回私はイギリスのスポーツグッツ専門店である「SportsDirect.com(スポーツダイレクト)」で買い物しました。

このスポーツダイレクトはイギリス国外の海外の住所宛てにも商品を発送してくれるお店なのですが、何故か「日本だけには発送してくれない」というルールがあります。ですので、今回はforward2meを使って転送をお願いしました。

画面中央少し右上の青の線で囲んだ箇所には「荷物のサイズと重さ」が記載されています。これで大体の荷物のサイズが計算できるので、発送する際の送料をイメージしやすいです。

続いてその下の赤の線で囲んだ箇所は「購入商品の詳細(商品の種類)」が記載されます。これは荷物がforward2meの倉庫に届いた時点で倉庫のスタッフが自動的に入力してくれます。

その部分をみると、2つの商品が登録されています。今回私は「アウトドア用の厚手のジャケット」を2着買いました。もう一つはお店のおまけでもらえた「マグカップ」です。この欄の情報には「商品の種類」と「商品の価格」、「商品数」が入力されています。