reship(リシップ)の特長と各プラン・会社の詳細や評判

reship(リシップ)の特長と各プラン・会社の詳細や評判

reship(リシップ))の会社として歴史や詳細



この会社の倉庫はオレゴン州にありますのでアメリカ国内で買い物した商品に消費税はかかりません。

荷物の保管は60日間まで無料です。細かい荷物を1つにまとめるサービス、商品到着時の写真撮影サービス等。他の転送会社と比べて遜色ありません。



reshipの良い点


  1. アメリカのオレゴン州にあるので消費税が無料になる。
  2. 荷物の保管は、どのプランを選んでも60日間まで無料です。


reshipの使い方の流れ



まずは、オンラインで登録しましょう。登録には$5かかります(両プラン共に$5)。登録した後にアメリカのオレゴン州の住所をもらえます。

その後は、欲しい商品を見つけてチェックアウトの際にreshipを入力します。

reshipの倉庫に荷物が届いたら、ユーザーにメールが来ます。自分の希望に合った運送会社を選んで、日本の住所に送ってもらうといった流れになります。


qreshipについて
reshipについて



Reshipのサービスの値段について



各プラン パッケージ毎のプラン
毎月プラン
登録料 $5 $5
月額利用料 無料 $30(10個まで)
取り扱い料 1個$5 10個以上の場合、1個$2
倉庫に荷物収納出来る期間 60日間まで無料。
その後1日$1
60日間まで無料。その後1日$1
パッケージまとめサービス 5個まで$7
5個まで$7
商品写真撮影 5枚$5 5枚$5





Share this post